イビサクリームとホスピピュア

イビサクリームとホスピピュアならどっちを選びますか?


デリケートゾーンや乳首の美白をしたい!って考えた時、悩んでしまうのが次の2つじゃないでしょうか?
イビサクリームとホスピピュア。

 

片方は日本で一番売れているデリケートゾーン専用の美白クリーム。
もう片方は、あの湘南美容外科が開発に携わっている乳首の美白クリーム。
悩んじゃいますよね?。
結果として私はイビサクリームを使ってみることにしたんですが、これが正解だったのかもしれません!
その理由をこのイビサクリームとホスピピュアを比べながら教えちゃいますね。

 

イビサクリームとホスピピュアの価格と継続回数比較

  定価 定期購入価格 回数縛り 返金保証 内容量
ホスピピュア 9,000円(税抜き) 5,500円(税抜き) 3回 90日間 30g
イビサクリーム 7,000円(税抜き) 4,470円〜4,970円(税抜き) 2回 28日間 35g

 

 

イビサクリームにしてもホスピピュアにしても、定期購入をした方が断然お得なのは当たり前です。
ただそこには、ちょっと開きがあります。
ホスピピュアは定期購入がずっと5500円で最低継続回数が3回から。
一方のイビサクリームは、定期購入が4970円で初回にクレジットカードを選択すれば、4470円から始められちゃいます。
継続回数も2回からと、始めやすいのはイビサクリームですね。
しかも内容量もホスピピュアは30gに対して、イビサクリームは35gです。
この5gの差ってけっこう大きいですね。価格面を考えるとイビサクリームが有利です。
ただしあまり気にならないかもしれませんが、返金保障はホスピピュアの方が90日と長いので、保障面ではホスピピュアに分がありますね。

 

イビサクリームとホスピピュアの口コミを比較

それでは、やっぱり気になる口コミを確認してみることにしましょう!!

ホスピピュアの口コミ

自分自身の体質のせいなのか10代の頃から乳首の色が濃く悩まされていました。
ホスピピュアなら誰にも知られることもなく使うことができるのですごく助かっています。
乳首が黒いと遊ぶ人と思われてしまったりするのが嫌でずっと彼氏も作りませんでしたが、自分に自信が持てるようになったのでこれから恋活もがんばってみようと思います。

ホスピピュアもうすぐ 1本使い切るところです。
デリケートゾーンの黒ずみがちょっとだけ薄くなりました!
使い心地がベタベタしないので暑い夏でも苦にならず使うことができて快適です。
敏感な部分に使ってもヒリヒリせず、ちゃんと保湿されているのがわかりました。
やっぱり美容外科の監修なので成分に強いこだわりを感じますね。

友人がニキビ跡にも効くと言っていたのでホスピピュアを使ってみることにしました。
これまではケシミンを使っていたのですが、ホスピピュアの方が全然使い心地が良くて気にいっています。
美白効果は十分あると思います。
またポンプ式なのでちょうど良い量が出て使いやすいですね。

 

イビサクリームの口コミ

最近VIO脱毛を始めたので、これまで気にならなかった黒ずみが気になるようになってしまいました。
そこで、評判の高いイビサクリームを使用し始めたのですが、ちょっと時間はかかるものの使い始めて4ヶ月ほどで黒ずみが気にならない状態になってきました。
やっぱり美白効果は高いと思います。
これからもさらに使っていこうと思っています。

年齢を重ねるとともに、デリケートゾーンや乳首の黒ずみが気になるようになってきてイビサクリームを使い始めてみました。
もともとはデリケートゾーンに使おうと思っていたのですが、沁みたり肌に合わなかったら困ると思ったのでとりあえず乳首から使ってみることにしました。
イビサクリームを使うようになってまだ半月ほどなんですが、なんだか少し長乳首の色が薄くなってきたような気がします。
もともと乳首の色はするほど濃い方ではなかったのですが、徐々にピンク色になってくるのが分かります。
何より乾燥しがちだった乳首にうるおいを感じて改善された気がしています。
これからイビサクリームを1本使い切ったことが楽しみですね。

もともとデリケートゾーンの黒ずみには悩まされていました。
彼とエッチをしている時も電気をつける勇気がなく、いつも電気は消してもらっている状態でした。
そこで勇気を出して友達にこのことを相談してみたんですが、友達からイビサクリームがいいよと紹介してもらいすぐに注文してみることにしました。使ってみてすぐの乾燥は肌にすーっと馴染む感じですね。
まだ使い始めたばかりですからそれほど大きな変化はありませんが黒ずみが薄くなっているんじゃないかって思います。
リピ確定です!

 

口コミを見ていると、どちらにもやっぱり効果を実感できている人は多いですね。
両者の口コミの特徴は、「効果がなかった!!」こういった声が非常に少ないこと。
どちらを選んでも美白効果は実感できますから、口コミは引き分けということで!!

 

イビサクリームとホスピピュアの使い勝手を比較

続いては、使い勝手を見てみることにしましょう。
イビサクリームは普通のチューブタイプのクリームです。
もう一方のホスピピュアはエアレスポンプチューブという独自のタイプで最後まで酸化しにくいのが特徴といえます。
使い勝手の面ではホスピピュアの方が、便利かもしれませんね。
まあ、その分価格がプラスのような気もしちゃいますが…

 

イビサクリームとホスピピュアの成分を比較

イビサクリームの全成分

【有効成分】トラネキサム酸 グリチルリチン酸ジカリウム
【その他の成分】ヒアルロン酸ナトリウム(2)、シロキクラゲ多糖体、シクロヘキサンジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、ローズ水、乳酸ナトリウム液、サクラ葉抽出液、オウゴンエキス、カモミラエキス(1)、ダイズエキス、メチルフェニルポリシロキサン、1,3−ブチレングリコール、ポリアクリル酸アミド、1,2−ペンタンジオール、軽質流動イソパラフィン、グリセリンモノ2−エチルヘキシルエーテル、グリセリン脂肪酸エステル、グリセリン、ポリオキシエチレンラウリルエーテル(7E.O.)、1,2−ヘキサンジオール、エデト酸二ナトリウム、フェノキシエタノール、精製水

ホスピピュアの全成分

トラネキサム酸、ルナホワイト、プリンセスケア、植物性スクワラン(オリーブスクワラン)、シア脂(シアバター)、ローズマリーエキス、レモンエキス、ホップエキス、セイヨウナシ果汁発酵液、マツエキス、アーティチョーク葉エキス、スギナエキス、ニーム葉エキス、海藻エキス、大豆エキス、メマツヨイグサ抽出液、ヒメフウロエキス、オクラエキス、ポリグルタミン酸塩、濃グリセリン、1.3ープチレングリコール、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油

イビサクリームもホスピピュアも美白のメイン成分はトラネキサム酸を使用しています。
そのため、美白のことを考えるとどちらも変わりはないかもしれませんが、イビサクリームにはグリチルリチン酸2kという肌荒れを防止する有効成分が入っています。
一方のホスピピュアはこの肌荒れ炎症には天然成分に頼っているようです。
全数で考えると美白・美容成分はホスピピュアの方が多いのですが、同じ医薬部外品の認定を受けているものの薬用有効成分が一つ少ないというのはマイナスポイントかもしれません。
ホスピピュアは保湿にはスクワランやシアバターを使っているものの、乾燥を防ぎ肌質を良くしてターンオーバーを促進させてあげるということを考えると、肌荒れ防止効果のある有効成分の入っているイビサクリームの方が圧倒的に有利な感がしちゃいますがどうでしょうか。

 

イビサクリームとホスピピュアどっちを選ぶ!まとめ


というわけでイビサクリームとホスピピュアを色々と比較してみたわけですが、いかがでしょうか?
どちらの美白クリームを選ぶか決まったでしょうか?
使い勝手と保障面に関してはホスピピュアが優勢。
でも、価格と内容量、成分を考えるならイビサクリームじゃないでしょうか?
その結果に関してはこちらでもお話している通り、使って満足でした!

 

多分どちらを使ってもキレイなデリケートゾーン、ピンク色の乳首になれちゃうことができると思います。
でもだったらお得な方がいいですよね。
ということで私はイビサクリームを選んでみました。
あなたならどっちを選びますか?