イビサクリームとハイドロキノン

黒ずみの美白ケアにイビサクリームとハイドロキノンならどっちがいい?


デリケートゾーンや乳首の美白に大人気のイビサクリーム。
このイビサクリームでは、美白成分にトラネキサム酸を使っています。
美白成分と言うといろいろありますが、「とにかく美白」というとハイドロキノンという成分を思い浮かべる人も多いかもしれません。

 

ハイドロキノンて何?

ハイドロキノンはシミやメラニンの除去に大きな効果を発し、その効果の高さから「お肌の漂白剤」とまで言われています。
日本ではそれほどメジャーな美白成分ではないのかもしれませんが、海外では美白=ハイドロキノンと言うイメージもあるほどです。
美白の即効性を考えると、トラネキサム酸よりハイドロキノンのほうが圧倒的に早いと言えるかもしれません。

 

「それじゃあデリケートゾーンの美白にもハイドロキノンを使ったほうがいいんじゃないの」そんなふうに思われるかもしれません。
でも、イビサクリームではあえてハイドロキノンは使っていません。
それはいったいなぜでしょう?

 

美白効果が高い=肌にダメージを与える

ハイドロキノンはどちらかというと強制的にお肌を美白する力がある成分なので、美白効果は非常に高いもののその分お肌に与えるダメージも大きいと言われています。
そのため使う人、使う場所を選ぶと言うわけです。
肌が強い人にとってはハイドロキノンで美白と言うのは効果的と言えるかもしれません。
しかし圧倒的に敏感肌の方が多い日本人のお肌では、炎症を起こし肌トラブルが引き起こされる可能性は高くなります。
それでいて皮膚の中でも層が薄いデリケートゾーンに使用するとなると、余計にお肌が炎症を起こしやすい場所なので、誰でも彼でもハイドロキノンを使えば良いと言うわけにはいかなくなるんです。
こういった副作用の可能性が高くなるため、イビサクリームではハイドロキノンは採用していません。

 

副作用の少ないトラネキサム酸

逆にトラネキサム酸はというと、「メラニンを強制的に抑えると言うよりも、メラニンを作らない状態にしターンオーバーを繰り返し徐々に肌の色を改善する」といった効果が見られます。
そのため、美白効果はターンオーバーに依存するところがありますからどうしても時間がかかりやすくなってしまいます。
しかし、その分トラネキサム酸は安全性が高いです。
もともと医療用の止血剤として使われていたトラネキサム酸ですから、お肌への副作用の可能性は極めて少ない成分となります。
それでいて、ビタミンC誘導体なんかよりも美白効果としては高いとされているため、イビサクリームではこのトラネキサム酸を採用しているというわけなんですね。
VIO脱毛専門店がいろいろな美白成分を試し試行錯誤した中で、最もデリケートゾーンにふさわしい美白成分として選んだのがこのトラネキサム酸ですからやはり安心できるということです。

 

即効性を求めるならハイドロキノン、だけど…

というわけで、デリケートゾーンを始めとするお肌の美白を始めるときに「どうしても即効性が欲しい」と言うのであれば、ハイドロキノンの使用を考えてもいいかもしれません。
ただし市販されているハイドロキノンを含む美白クリームには、現在のところデリケートゾーン専用という美白クリームは見当たらないと思います。
そのためハイドロキノンを使いたいのであれば皮膚科に行って処方してもらうのか良いと思います。
デリケートゾーン用で処方してくれるかどうかわかりませんが…。
一度専門医に相談することをお勧めします。
逆に肌トラブルなどの副作用を避け、できる限り内緒でやっぱりきれいにしたいのであれば「イビサクリーム」のトラネキサム酸で美白するのがいいと思います。
イビサクリームはもともとデリケートゾーン専用となっているので、使用されている成分にも徹底的にこだわりを持っておりお肌に優しい成分しか含まれていません。
それでいて、美白効果は高いのですから安全、安心といった意味ではイビサクリームを選んだ方が正解かもしれませんよ。

 

「お肌をきれいにしようと思ったのに、逆にトラブルが起きちゃった」なんていうのじゃシャレになりませんからね。

 

お肌に優しい成分配合のイビサクリーム